ヒドスタジオ

オンラインショップはじめました ヒドクラフト

読書会

石ノ森章太郎

石ノ森章太郎(昔は石森だったが)が好きだ。
多分、一番最初に読んだのは学校の図書館の「日本の歴史」だったのではないかと思う。
それ以降は、漫画よりアニメや特撮で見ていた。

仮面ライダーの漫画もすごいよかったし、この間手に入ったアマゾンの本もよかった。
ジュンもよかったなぁ。

この本は漫画ではなく、亡くなる少し前のインタビューを元にして書かれたそうだ。
図書館で偶然見つけてよさそうだったので、注文してみた。
有名な世界一周旅行の話も入ってたので、届くのが楽しみだ。

漫画のこと

不思議な話なので書いておこうと思う。

カッパの飼い方」を読んだ。
古本屋で偶然見つけて、手に取った。
なぜひかれたのか、まったくわからなかったのだが、作者の名前を見て納得。
石川優吾は「童乩(タンキー)」の作画をしてたのだ。

「童乩(タンキー)」は、シャーマンの話である。ざっくり言うとだけど。
そんなに長期連載ではなかったが、最初の読み切りがすごくよかったのだ。
当時の私は少年誌は週刊も月間もほぼ読んでいたが、青年誌は猿渡哲也の単行本ぐらいしか買ってなかったはず。
なぜ童乩を知ったのか、まったく覚えがない。

そもそもこういう偶然はよくあることで。
でも、この作者の他の話は、まったく読んでなかったりするのだ。

ここ10年ほど、漫画を読むことはほとんどなかったのに、
このところ漫画関係でそういうのがポツポツでてきたりしてる。

なんかこれも偶然っぽいので何かありそうなのである。

you-go.net(石川優吾公式ページ)

本を予約しました。


商品は板段ボールで、おまけで電子書籍をダウンロードできるURLが付いています。
最初に予約した分は、販売停止になってしまったけど、復活を待ってた。
無事に段ボールが届きますように…。

48,000円のほうは挿絵の原画が付いています。
けっこういい挿絵だなぁ。ポストカードのオマケとかならないかなぁ。とか思ったりしてます。

『348人の女工さんに仕事の話を聞いてみました』公式ページ