ヒドスタジオ

オンラインショップはじめました ヒドクラフト

インターネット

独自ドメインに変更する方法

ネットオウルの「スタードメイン」でドメインを取得すると無料でWebサーバがついてくる。
制限はあるが、プログラムを使わない簡単なWebサイトならこれで充分だった。

今回、WordPressを使ったサイトに変更するため、同じネットオウルの「ミニバード」を新たに契約した。 月額250円〜で50GB、マルチドメイン対応。もちろんPHP5とMYSQL5が利用できる。 独自ドメインのSSLが年額6,500円というのもいいと思うのだ。(ロリポップでも月額1,500円する)

DNS変更手順

結果的に、スタードメインサーバであっても他社サーバからミニバードへ移転と同じである。

1)ミニバードでドメインを追加
サーバー管理ツール → ドメイン設定 → ドメイン追加

2)サーバにデータをアップロード
FTPアカウント設定 → 選択(表の一番右)→ FTPアカウント追加

  • ここでサーバの一番上の階層に行けるアカウントをつくるのが重要
  • 初期のFTPアカウントはミニバードのサブドメインで表示される領域です。
  • ドメインが反映しても「お客様のホームページがアップロードされていない状態です」になる時は、独自ドメインのFTP設定がされていないので、気づかずにミニバードのサブドメインの領域にデータを入れてる可能性があります。

150617minibird

サーバー管理ツール → 移転前動作確認URL で、表示を確認
※hosterとか使わなくていいので楽です。
※確認用URLの発行待ち時間があるので、結局hoster使っちゃったけど。

3)ネームサーバ変更
スタードメイン管理 → ネームサーバの確認・変更 お手軽設定でミニバードを選択すると自動で入ります。

ネームサーバー1 ns1.minibird.jp(112.78.117.90)
ネームサーバー2 ns2.minibird.jp(112.78.117.91)
ネームサーバー3 ns3.minibird.jp(219.94.201.242)

※Aレコードとか、メール設定とかいろいろする場合
スタードメイン管理 → DNSレコード編集 以上で反映待ちになります。

iswebライトが終了した

初代、お気楽日記が消えました。
http://members.at.infoseek.co.jp/keropen/

楽天がiswebライトの無料サービスを停止したからである。
そもそも、楽天は楽天ブログの無料サービスがあるから、かぶるのであろう。
今後はベーシック(月額525円)の有料プランになるそうだ。

最初はTripodで始めた無料ホームページサービス。
infoseekが楽天に吸収されて、さらに、アドレスが変更になったりもした。

けろけろとなくままには、PageMillで作ったホームページとは別に、日記サイトとして立ち上げました。
HTML作成の練習として、ブラウザアップローダーから手書きでタグ打ちをするためでもあった。

無料のサービスなので、上に広告はでていたのだが、Tripod時代は意外にこの広告を楽しみにしていた。
広告の右側に最新ニュースが出ていたことも良かった。
それとマスコットのライコス犬がかわいかったからだ。
楽天以降は広告が上下にでるようになって、楽天マークのショッピングばかりになったので、興味がなくなったが。

ライコス犬が懐かしい…。実在のモデルもいたんですよー。

そして、日記のデータを拾っとくの忘れたことに気づきました。
ブラウザから更新してたから、ローカルにはないのかもしれぬなぁ。

Bフレッツと光ネクストの違い

Bフレッツファミリー100にして、もう少しで6年がたつ。
ついにうちの地域にも「光ネクスト」なるものが来たらしい。
NTTナンチャラかんちゃらから、営業の電話があって、工事費が無料といわれたので、検討してみた。

結果、残念ですが、見送ることにしました。

プロバイダ(Nifty)に電話

  • Bフレッツファミリー100と月額料金は変わらない。
  • プロバイダ契約はプラン変更だけなので、先にNTTに申し込んでほしい。
  • その上で、プラン変更を電話でしてほしい。(ネットからはプラン変更ができない)
  • 2年しばりの契約なら、今より料金が月々200円お得になります。
  • もし変更されるなら、インターネットにつながらない期間が2、3日出る可能性があることを了承してもらった上で、申し込みしてほしい。
  • 了承できないなら、プラン変更はやめたほうがいいです。

NTTに電話

  • 工事費無料といったのは、NTTではなく、業者。
  • NTTから営業の電話をすることは一切無い。
  • ひかり電話を申し込まないと、工事費の割引はない。
  • ひかり電話と同時申し込みで、工事費が通常10,800円→5,500円になる。

と、NTTもプロバイダも、あまりいい感触がないのである。

そこで、NTTに、Bフレッツファミリー100と光ネクストの違いは何ですか?
と聞いてみた。
すると、「お調べします。住所を番地まで言ってください」と言われた。
それで調べてもらった結果は、

  • セキュリティーツールがついてきます。
  • ハイスピードなので、速度が100Mbsが200Mbsになります。
    ただし、ギガビット対応の環境に限ります。
    それは上りも下りも?と聞くと、下りだけですとのこと。上りは同じだそうです。

他は?と聞くと、それだけです。とのこと。
本当にそれだけ??そんなことはないと思うんだけど。
とりあえずセキュリティツールは、Macでは使えないので、マニュアルっぽい答えを鵜呑みにするとメリットがないことになるので、見送りを決定。

これ以上速度は求めてないのだが、ついこの間、Ustのライブ放送が途切れてみれなかったので、回線を変えたらいいことあるかなぁと思っただけなのだ。

まあそういうことで、当分Bフレッツでいくことにします。

アマゾンで本を売るとどうなるか

アマゾンマーケットプレイスの手数料が変更になるらしい。そうか〜。

▼アマゾンで本を売った場合
現在→売れた金額の15%+基本成約料100円+カテゴリ成約料80円 ・配送料340円をアマゾンからもらう。
変更→売れた金額の15%+基本成約料100円+カテゴリ成約料60円 ・配送料250円をアマゾンからもらう。

—————————————-
例:200円で本を売った。(買った人は450円をアマゾンに払う)

▼売った本人に振り込まれるお金
200+250-30-100-60=360円(本代+配送料-売れた金額の15%-基本成約料-カテゴリ成約料)
メール便(80円)で送ると、180円の収入となる。

つまりメール便(80円)で送付できる本は、(本代×0.85) + 10=収入

5000→4260円
1000→860円
900→775円
800→690円
700→605円
600→520円
500→435円
400→350円
300→265円
100→95円

今までは、500円前後で買ってくれた人には、たいていメール便速達(+100円)で送ってたのだけど。
80円で送れない本はちょっときついなぁ。

スカイプの料金

謎のチャージ

スカイプのウインドウに謎のチャージ

0.34ドルだけど。
スカイプは、月額プランとオンライン番号を契約しているだけです。
他に支払いはしていないから、ずっと0.00だったはずなのだが?
と思って料金を見ると、月額プランの料金体系が変わっているではないか。
Skype月額プランの料金

前は月額690円で実質かけ放題プランだけだったけど、一ヶ月60分、120分、400分のプランも増えてる。
固定電話だけじゃなく、携帯にかけれるプランもあるなぁ。
私はあまりたくさんかけないので、月額120円で60分使えるプランで充分だ。来月の契約プランは見直そう。
謎のチャージは、もしかして、なんかの還元なのかなぁ?

スカイプのオンライン番号は、受ける用の電話番号が貰えます。
(たしかフュージョンコミュニケーションズに番号をもらう仕組み)
スカイプを立ち上げていなければ、留守録っぽく、ボイスでメッセージが残されるので、まあまあ普通の電話っぽく使えます。
ただし、インターネット経由の電話だということは、相手にわかってしまいますけど。

ネットの回線の速度かもしれませんが、相手によって聞こえにくいときがあるみたいです。
また、若干、音声が届くのがずれる気がするので、ゆっくり目にしゃべるようにしています。
ヘッドセットはBluetoothに変えたので、コードがじゃまにならないし、両手を使える状態で電話ができるのが楽です。
日本では、発番号通知がでないのがデメリットかもしれない。

前の記事、スカイプの実験にも少し書いてます。
※料金は変わってるみたいなので、参考にならないかも。

FacebookのLikeボタン

おもしろいので、さっそくつけてみた。
左下にこっそりとある「いいね!」というボタンがそれである。
このサイトではカウント数にしているが、ふきの葉のほうでは名前と写真が出るようにしている。
Facebookにログインしないと見えないかんじ。

拍手システムと似てるなぁ?と思うけど、Facebookと連動しているところがおもしろい。
Facebookは,閉じてるところと開いてるところがあるので、SNS内で完結する世界じゃないところがおもしろく感じている。

はてなブックマークもブックマーク数やコメントが出てよいのだが、非公開に設定しているため、意味が半減。(使い勝手がよすぎて私的ブックマークが増えすぎて公開できない…)

検索エンジンがいくらがんばっても、一定の法則にすぎない。
人間がやることは、いろんな感情や思惑があるから、そういう曖昧部分が反映されないのではないか。
Likeボタンは人の目を通した検索エンジンになれるんじゃないかなぁ。

なにかのきっかけでサイトを見る。
いいなと思ったら、そのサイトのリンクページから、また次のサイトを見る。
Likeボタンは個人単位じゃなくて、同じような雰囲気を持つ群で、リンクページがあるような感じにならないかなぁ。
これが広がって行くと、有益な情報じゃない、おもしろいものが見れそうで、楽しい予感がする。

スカイプの実験

スカイプ(Skype)の有料プランをお試ししてみた。

やったことは2つ。

  1. 一般電話に電話をかける
  2. 電話番号を持つ

まず、月額プランを契約し、オンライン番号を取得しました。(※1)

※1)そうするとオンライン番号が最高半額になる。
去年ぐらいまでは、月額プラン契約でオンライン番号は無料でついてきたらしい。

1. 電話をかける

電話をかけるのは簡単だった。
固定電話への通話料は無料なので、いろいろとかけてみた。
ちゃんとつながっているし、音もおおむね問題なし。携帯電話よりむしろキレイな印象。
ただ、話しながら笑ったりすると、イヤホンがズレて、自分の声がエコーすることがある。
単純にハンドセットのイヤホンが、私の耳の形にあっていないからだと思う。

番号通知が使えないことがデメリットかも。
スカイプからかけると03-××××××××で、毎回、下一桁が違う番号でかかるようです。
基本、固定電話にかけるほうが多い私には、あまり関係ないですが。

2. 電話番号を持つ

ボイスワープの転送先に、スカイプの電話番号を指定したくて、オンライン番号を申し込む。
すでに契約してある自宅の電話でテストした結果、問題なく転送されてきた。(※2)

なぜスカイプに転送したいか、というと転送通話料金。
携帯電話に転送すると、NTT固定電話とドコモの携帯でも17円/分。ちょっと高い。
そこで、おそらくスカイプならIP電話扱いで、11円/3分になるんじゃなかろうか、と思った。(※3)
料金は今月の明細待ち。

※2)NTTの人はスカイプ電話に転送はできないと思うといってたんですが、できたので問題ないはず。
※3)ボイスワープを設定した電話から、転送先の電話までの電話料金は、自分の負担になる。

—おまけ—
スカイプをオンラインにしていないときは、ボイスメールで留守録される。
留守録メッセージも、自分の声で録音することができる。
これも月額プランに含まれている。

—料金—
月額プラン(1ヶ月)546円
オンライン番号(12ヶ月)2,764円  合計 3,310円

円高なのでクレジットカードでドル払いにした。
電話をかけるほうは、まだ考え中。そんなに固定電話に電話することがあるかどうかが鍵。
ボイスワープの転送先用のオンライン番号は、月額プランに契約すると年払いが半額になってます。